メールでのお問い合わせはこちら 大森 ご連絡ください 大田 馬込 大森 キタセツ リフォーム 品川区 東京都 無料見積もりはこちら 大田 馬込 大森 キタセツ リフォーム 品川区 東京都 資料請求はこちら ご請求ください 馬込 大森

ジェルコリフォームコンテスト2017 デザイン部門 関東甲信越支部大会 新人賞受賞


ジェルコリフォームコンテスト2017

(クリックで拡大)


ジェルコリフォームコンテスト2017 表彰状

(クリックで拡大)
日本住宅リフォーム産業協会(ジェルコ)は、リフォーム産業に携わる企業の交流をはかるための、日本最大の事業者団体です。その団体が主催するリフォームコンテストで、弊社の根岸と中村が新人賞を受賞することができました。

この賞をステップとし、さらに大田区・品川区の皆さまのリフォームのお手伝いができれば幸いです。最後に、この新人賞が受賞できたことは、お客様がいらっしゃったからこそです。キタセツにご依頼いただいたO様、このたびはどうもありがとうございました。

O様邸の施工事例 https://www.kitasetsu.co.jp/40/4017/o_10.htm
プレスリリースはこちらからご覧ください


ご挨拶

  • 投稿日:2018年 1月 1日
  • テーマ:挨拶

こんにちは、キタセツ 北川 拓です。
 
私どものホームページへ初めて訪れてくださってありがとうございます。

はじめて訪れてくださったあなたへ、私のリフォームの対する想いをお伝えします。

・なぜ私がリフォームの仕事をするようになったのか

・日々どんな気持ちでこの仕事に取り組んでいるのか

・この仕事を通じて、どんなことを実現させたいのか

こうしたことを知っていただきたいと思うのです。

私の想いをお伝えすることで、あなたがリフォームを考える際の参考になるような気がするからです。
自己紹介の意味も込めて、ほんの少しお付き合いいただけたら、うれしく思います。



キッチンの取り付け工事からリフォーム業界へ

私は学校を卒業してから20代後半まで、営業職を中心にいろいろな業界を経験しました。
今のリフォーム業とはまったく違う業種の仕事ばかりを転々としていました。

大きく成功したこともありましたし、それから急降下してどん底の生活を経験したこともありました。
それでも、働くことは苦にならなかったので、いろいろな職を転々としながら、毎日がむしゃらに働いていました。

30歳を目前にしたある日のこと。
「いくら働いたって、このままじゃダメだよな。何か手に職でも付けようか」
そうぼんやり考えていたところ、友人から「タカラのキッチン取り付け工事をやらないか?」と誘われたのです。
もともと日曜大工なども好きでしたから、深く考えることなく二つ返事で引き受けました。

キッチンの取り付け工事を始めたものの、しばらくの間はずぶの素人でした。

工事に必要な専門用語もさっぱり分からず、一緒に仕事をしてくれる大工さんに
「そんなことも知らないのか?」と笑われたりすることもしょっちゅうありました。

また、2時間ですむ簡単なキッチンの取り付けが、丸1日かかっても終わらず徹夜したこともありました。
本当に、知識も技術力もなく、未熟でした。

あんな調子でよく仕事ができたものだと、今思い返すと冷や汗が流れる思いです。

けれど、そんな私でも一つだけ守っていることがありました。

お客さまとの約束は絶対に守る!

これだけは、仕事をしていく上での自分の信条として守っていました。
知識や技術力が足りない分、お客さまからの要望に真面目に一生懸命取り組んで、
最後には満足していただけるよう、ただひたすら懸命に仕事に励みました。

こうした私の仕事への意欲と姿勢を認めていただけたのか、
お客さまは未熟な私を温かく見守ってくれました。

1年間休みなく働き続けたかいがあって、地元での信用も少しずつできてきました。
そのうち、一人ではこなしきれないほどの仕事が来るようにもなりました。
そこで、念願の株式会社を設立しました。

「これまで応援してくださった地元のお客さまを、自分の会社でこれからもずっと支えていきたい」
その気持ちが強かったので、どうしても会社を興したかったのです。

会社を設立

会社設立後は、キッチンの取り付けからユニットバスの取り付けに仕事内容を広げ、
自分も社員と同じ職人として現場で働いていました。

35歳を過ぎたころ、
「取り付け工事の仕事をこれから先もずっとし続けるのは体力的に難しいかもしれないな...」
と考え始めていました。ちょうどそのころ、
地元ダイシン百貨店の家電販売部の依頼で、エアコンの取り付け工事をすることになりました。

7月半ばから8月末までのわずか1カ月半で、500台の家庭用エアコンを取り付け、
クレームはゼロという結果を出し、
これがきっかけでダイシンさんのリフォーム工事の手伝いをすることになりました。

今思うと、本格的なリフォーム業界への第一歩は、ここから始まったように思います。

代表取締り役 北川 拓

最初は、ダイシンさんから流れてくるファックスを持ってお客さまのところへ行き、
給湯器や洗面化粧台、バランス釜の交換などを、自分も含めた社員全員で行っていました。

そのうち、浴室の全面改装や間取り変更など、徐々に大きなリフォームも手掛けるようになりました。

こうした経験を経て、打ち合わせから見積書作成、
リフォーム工事のすべてを、
自社で一手に引き受けるまでに成長しました。

2006年11月末の段階では、工事実績1万2000件以上、
お客さまからのリピート率70%という、会社として喜ばしい成果を上げることができたのです。

今では、「株式会社キタセツは、100%リフォーム専門の会社です。
リフォームに関してできないことはありません」と自信を持って言えるほど、
お客さまにも満足していただける仕事をさせていただいています。

お客さまにはリフォーム工事のあとも、できる限り住まいの安心をお届けしたい。

私だけでなく、スタッフ全員がそう思っているからこそお客さまからの信頼をなくすことなく、
同じ地域で仕事を続けられるのでしょう。

お客さまから信頼されることで、仕事の幅が広がり、会社も大きく成長できました。
50歳を超えた今、このことに、私は心から感謝しています。


お客さまとの信頼関係がリフォーム成功の秘訣

まったくの素人だった私が、リフォーム事業を手掛けるようになって分かったことが一つだけあります。
それは、リフォームの成功を決めるのは、お客さまとの信頼関係だということです。

リフォームに関する知識や技術力がどれほどあっても、
「お客さまの要望にお応えしたい」「打ち合わせした以上に、いいものに仕上げたい」
という気持ちがなければ、お客さまに本当に満足してもらえる出来にはなりません。

逆に、そうした気持ちさえあれば一時的に知識や技術力が足りなくても、
時間をいただいて調べなおしたり、足りない技術力を補う方法を探したりすることができるのです。
そして、リフォームが終わった時点では、お客さまに満足の笑顔を見せていただけるのだと思います。

リフォームは、新築とは違う「お客さまの困った」を解消することができる仕事です。
また、お客さまの「ああしたい、こうしたい」を形にして、喜んでいただける仕事です。

そこから生まれるお客さまの満足や感動が、「信頼」となって、次の仕事につながっていくのです。
同じ地域で20年近くリフォーム業を続けてきたからこそ、自信を持ってそう言えます。

私にとって、お客さまとのつながりは、リフォーム工事が終わっても終わることはありません。
むしろ、そこからが本当のお付き合いの始まりだと思っています。

だからこそ、これからも地域の人たちのつながりを大切にして
「家族のようなおつきあいで」貢献したいと思っています。

                                  株式会社 キタセツ
              代表 北川 拓



  •  大田  品川 東京都 馬込 大森 キタセツ
  • 馬込 大森 キタセツ 大田  品川 東京都 馬込
  • 大森 キタセツ 大田  品川 東京都 馬込
  • 大田 大森 キタセツ 品川 東京都 馬込
 大田 馬込 大森 キタセツ 品川 東京都
  • 東京都 馬込 大森 大田 品川
  • 東京都 品川 馬込 大森
  • 東京都 馬込 大森 品川
  •  大田  品川 東京都 馬込 大森 キタセツ
  • 馬込 大森 キタセツ 大田  品川 東京都 馬込
  • 大森 キタセツ 大田  品川 東京都 馬込
  • 大田 大森 キタセツ 品川 東京都 馬込