東京都 戸建全面リフォーム S様邸 施工事例


古き良きものを受け継ぎ、次世代向けに新しくデザイン
0001.jpg
事例

 施工事例データ

2階戸建 築12年
ご夫婦とお子さま3人 全面リフォーム
2ヵ月半


キッチン:
リクシル「リシェルSi」
浴室:リクシル「アライズ」
洗面:
リクシル「ルミシス」
トイレ:
1階TOTO「AH1」
2階 TOTO「RH1」
キタセツ仮住まい


S様邸にはご夫婦と3人のお子さま、奥様のご両親がお住まいでした。
今回、二世帯住宅として使っていた空間をご両親から譲りうけ、3人のお子さまの個室をつくり、S様ご家族がこれからもずっと快適に暮らせる家にリフォームしたいとキタセツにご相談くださいました。

リフォームのポイントは「ご両親が大切に使われていたものを活かしながら、クラシカルで重厚感のある空間を、いかに次世代の家族にふさわしく再生するか」。光がたっぷり差し込む吹き抜けをつくり、明るく、風通しのよい、開放的な家にしたいとご希望されました。

天井や梁に白、壁にグレイッシュピンクの珪藻土を塗り分け、アーチの下がり壁を採用するなど、南仏・プロヴァンスのような軽やかさと開放感を演出しました。

志賀邸 2019.01.17-005-2.jpg
長い間使われていなかった1階のリビング。光が入りにくく、暗い印象でした。 クラシックな雰囲気のオーダー家具やペンダントライトが印象的です。 サペリの無垢フローリング。赤褐色からダークブラウンと、経年変化する無垢材です。


0008.jpg
S様念願の吹き抜けでリビングに光と風がたっぷり降り注ぎます。無垢の床に似合う配色で梁をデザインしました。 玄関からぐるっと回遊できるLDK。キッチンは対面型に変更しています。ご両親が愛用していたペンダントライトが食卓をあたたかく照らしています。

0031.jpg
残されたいとご希望された玄関とリビングをつなぐステンドグラスの扉。ご両親が大切に使っていた家具は慎重に解体し、鏡を移設。玄関周りが素敵に生まれ変わりました。 タイルで仕上げた壁は「リフォームの一番のポイントだった」と奥様。色・形・目地の配色にもこだわり、ご主人からも「完璧!」と喜びのお言葉をいただきました。

プロヴァンス風をイメージした今回のS様邸に、デザイン担当の中村が提案したアーチの下がり壁。なじみの良いグレイッシュカラーのタイルは、石づくりの回廊をイメージしました。ご家族が趣味の時間を共有できるようリビングからつながるスタディスペースを設けました。 キッチンにはエッジがきいた幾何学模様のタイルを採用しました。落ち着いた色合いの壁と大胆で華やなタイルが好相性です。